<今日の仮想通貨市況>乱高下、大手取引所のシステム障害で思惑か

53997303_s.jpg
 9日午前9時55分現在の主要な仮想通貨は、ビットコイン(BTC)が1BTC=75万円前後(過去24時間比0.17%高)、イーサリアム(ETH)が1ETH=2万6000円前後(同0.88%高)、リップル(XRP)が1XRP=55円前後(同1.00%安)などとなっている。

 週末の仮想通貨は動意が乏しく、BTCは75万円前後で小動きが続いたが、日本時間8日夜に乱高下。特に材料は観測されていないが、大手仮想通貨取引所のBitMEXで障害が発生しており、思惑が交錯したとの見方がある。ETHなども同様の動きをみせた。

 この他の仮想通貨では、トロン(TRX)が1TRX=3円前後(同5.55%安)と急落。発行元のCEO(最高経営責任者)が「今後のアップデートでTRXの処理スピードがETHの200倍になる」と主張して足元で急上昇していたが、9日は利益確定売りが優勢となっている。一方、アイオタ(MIOTA)は1MIOTA=68円前後(同4.64%高)と堅調。自動車保険に活用できる可能性が示唆されたと報じられたことが引き続き好感されているようだ。

(イメージ写真提供:123RF)

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
リップル詳細ページ
ICOレーティングについて