米議員、新法案で「BC」の定義を要請

31592850_s_米議会議事堂.jpg

 米下院に最近提出された超党派の法案で、「合意に基づいたBC(ブロックチェーン)の定義」を策定するという提案がなされた。

 通信・技術・電子商取引・消費者保護に関するエネルギー・商業小委員会に所属するドリス・マツイ下院議員とブレット・ガズリー下院議員が、1日にこの法案を提出した。

 18年BC促進法と呼ばれるこの法案H.R. 6913が可決し成立すれば、BC技術を調査し行政上の共通定義を策定する作業部会が作られることになる。

 この作業部会はさらに、NTIA(国家電気通信情報庁)やFCC(連邦通信委員会)に対し、行政がBCをどう活用できるかを調査するよう提言する。

 マツイ氏は「BC技術は世界のデジタル経済を一変させるかもしれない」と述べ、次のようにコメントした。

 「サプライチェーンの透明性・効率・セキュリティを大幅に改善することから、周波数へのアクセスを都合に合わせて管理することまで、BC技術導入の可能性は多岐に及ぶ。この超党派の法案は幅広い関係者団体をまとめ上げてBCの共通定義を策定し、新たなイノベーションを促すためにこの技術を活用する機会を奨励する」

 マツイ氏と共に法案を提出したガズリー氏は、BCは「イノベーションと科学技術の源泉になりうる」と述べたが、政府はまずこの技術の最善の活用法を確立する必要があると指摘した。

 マツイ氏同様、ガズリー氏も、BCは拡大しつつあるデジタル経済に寄与するかもしれないと指摘した。

 この両者の他にもBCを推進する法案を提出している議員がいる。トム・エンメル議員は9月、BC技術の発展を支援するための法案を3つ提出した。これらの法案は特に仮想通貨に重点を置いたものだ。

 エンメル氏が提出した法案のうち2つは、仮想通貨の課税などの問題に触れ、マイナーは資金移動業者として登録する必要がないことを確保するものだ。3つ目の法案では、同分野への「好意的な」規制を提唱している。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/us-lawmakers-introduce-bill-to-define-blockchain/

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
リップル詳細ページ
ICOレーティングについて