IBM、BCを用いたネットワークセキュリティシステムの特許取得

47204957_s.jpg

 米IBMが取得した新しい特許は、コンピュータネットワークにおけるセキュリティ侵害を監視する際に、ブロックチェーン(BC)がどのように役割を果たすかについて強調している。

 17年9月に出願され、特許権が2日に米国特許商標庁(USPTO)から付与された。この特許は、BCプラットフォームに接続したモニターのネットワークが、潜在的な侵入を含め、ネットワーク上のイベントを記録する方法を概説したものである。IBMによると、攻撃者が、あるモニターでの攻撃の形跡を隠そうとした場合に、その情報を複数バックアップすることで、そのようなイベントが確実に記録されるようになるというものだ。

 本特許では、「コンピュータシステムやネットワーク上では、データが多くの異なる目的で監視されている。データモニタリングでは、特定のコンピュータシステムやネットワークのイベントを記録することで、問題を識別し、状況を観察し、数値指標を追跡できる。」と述べられている。そのようなデータを保護することは、企業にとって非常に重要なことだ。

 その目的のために、企業はノードコンセンサスを利用して、何らかの不正に対してフラグをたてることで、分散ネットワーク上での侵入を監視するデバイスシステムを構築することができると述べられている。

 本特許では、次のように述べられている。

 「同期したモニターがBC内に構築されているので、モニター間でのコンセンサスが確実にとれる。特定のモニターだけに、過去のイベントの記録を変えることはできないので、先のイベントの記録も偽造できない。もし特定のモニターがハッキングされた場合でも、同期したモニター間でのコンセンサスはとれないので、そのイベントの記録は書き換えられない。」

 このセンサーでは、複数のモニターに同じ情報を渡すことでコンセンサスを得ることができる。モニターが情報を検証している際に、イベントやトランザクションのデータが合致していなかった場合は、いずれかのモニターが不正アクセスを受けた可能性がある。

 このような場合は、「モニターセキュリティプログラムが、データ不一致として警告を出す可能性あり」の状態となり、システム管理者に問題があることが警告される。IBMによると、BC技術を使うことでこのように不正行為を強調することができ、「脆弱なネットワークをより減らす」ことができるという。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/ibm-wins-patent-for-blockchain-based-network-security-system/

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
リップル詳細ページ
ICOレーティングについて