<今日の仮想通貨市況>リップル逆行高、「xRapid」の利用拡大期待高まる

89113553_s.jpg
 主要仮想通貨は26日10時現在、ビットコイン(BTC)が1BTC=72万6871円(過去24時間比1.56%安)、イーサリアム(ETH)が1ETH=2万4390円(同4.38%安)、ビットコインキャッシュ(BCH)が1BCH=4万9760円(同3.70%安)と売り優勢。ただ、時価総額3位のリップル(XRP)は1XRP=57.9円(同8.86%高)と逆行高となっている。

 21日から22日にかけて急騰したリップルは24日から利益確定売り優勢の展開となり、相場の全体安につながった。

 ただ、リップルについては、迅速な送金を可能にするリップル社の新サービス「xRapid」(エックス・ラピッド)の利用体制が英外貨両替大手のマーキュリーFX、米仮想通貨取引所大手のビットトレックス、SBIホールディングス<8473.T>などリップル社の提携先7社に整備され利用拡大期待が高まったことや、リップル社と米フィンテック企業・R3との訴訟にSBIホールディングスが和解を促したと伝わったことなどが好感され、買い戻しが進んでいる。

この他、グーグルが日米の仮想通貨取引所の広告規制を撤廃すると発表したことなどが話題を集めている。

(イメージ写真提供:123RF)

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
リップル詳細ページ
ICOレーティングについて