<今日の仮想通貨市況>全面高、ETF承認期待やリップルの好材料で

106061784_s.jpg
 主要仮想通貨は21日9時15分現在、ビットコイン(BTC)が1BTC=73万3931円(過去24時間比2.00%高)、イーサリアム(ETH)が1ETH=2万5227円(同6.75%高)、リップル(XRP)が1XRP=50.7円(同37.90%高)とほぼ全面高となっている。

 SEC(米証券取引委員会)が20日夕刻(日本時間21日早朝)、CBOE(シカゴ・オプション取引所)によるVanEck版ビットコインETF(上場投資信託)の申請に対して、承認するかどうかを決定する手続きを開始したと発表し、期待先行の買いが相場を押し上げているようだ。

 また、主要通貨の中ではリップルの上昇が際立っており、週間ベースでも61.97%高と騰勢が続いている。リップル社の幹部が18日、国際送金システム「xRapid」(エックス・ラピッド)が10月にも複数の銀行で採用される可能性があると発言したことに加え、同社主催の国際カンファレンス「SWELL 2018」が10月1日に開催されるのを前に期待が膨らんでいるものとみられる。

 仮想通貨交換所「ザイフ」を運営するテックビューロ(大阪市)が、外部からの不正アクセスによりビットコインなどが流出したと発表し、一時市場のセンチメントを冷やす場面もあった。金融情報サービスのフィスコ<3807.T>の子会社などに支援を要請するなど当面の対策は講じられたが、流出額の正確な額はまだ明らかになっていないことなどから、悪材料出尽くしまでには時間を要するとみられる。

(イメージ写真提供:123RF)

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
リップル詳細ページ
ICOレーティングについて