10億ドルのBCファンド創設者、円連動の安定通貨を計画

76561353_m.jpg

 中国の杭州市政府が支援する10億ドルのBC(ブロックチェーン)ファンドの共同創設者が、日本円に連動するステーブルコイン(安定した通貨)発行を計画している。

 雄岸(グランドショアーズ)BCファンドの共同創設者の1人である姚永傑氏は、このプロジェクトへの取り組みをすでに開始しており、18年内あるいは19年初頭までにこのステーブルコインを立ち上げたいと述べた。サウスチャイナ・モーニング・ポストが9月18日に報じた。

 報道によると、雄岸科技(姚氏が会長を務める別の企業。最近、SHISというシンガポールの建設会社を買収し香港で上場)は、このプロジェクトの資金源とするため1億香港ドル(1270万ドル)の調達を計画しているという。

 この特定目的型ファンドは現在、中国国外の適格投資家からのテザー(米ドルペッグの仮想通貨)建てでの寄付を求めている、と姚氏は述べた。

 さらに、このBCファンドの共同創設者は、既にこのプロジェクトに関して日本の中堅銀行と協力しているという。しかしその銀行の名称は明らかにされなかった。姚氏は加えて、将来的には香港ドルや豪ドルに紐づけられたステーブルコインも開発するかもしれないと述べた。

 18年5月に株式の6割を取得されたSHISは、このニュースのわずか数日前に正式に社名を雄岸科技に改めていた。

 コインデスクが以前報じたとおり、雄岸BCファンドは、姚氏が率いる杭州の投資会社トンラン・キャピタルが、杭州市政府や中国のビットコイン長者である李笑来氏と共同で4月に立ち上げたファンドだ。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/1-billion-blockchain-fund-founders-plan-japanese-yen-stablecoin/

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
リップル詳細ページ
ICOレーティングについて