ブロックチェーンが貿易金融1兆ドル押し上げる=WEF調査

69962607_s.jpg

 ブロックチェーンは、新興市場における中小企業の資金調達を容易にし、世界の貿易金融における1兆5000億ドルの需給ギャップの多くを埋めることができると新しい調査は指摘している。

 世界経済フォーラム(WEF)とベイン・アンド・カンパニー(Bain&Company)が共同で実施したこの調査によれば、ブロックチェーンを導入することで、グローバルビジネスが追加で1兆ドルを生み出すことができると述べた。

 アジア開発銀行(ADB)の計算では、世界の貿易金融格差は現在1.5兆ドルで、2025年には2.4兆ドルに拡大すると予測されている。この研究は、この問題が主に中小企業のビジネス拡大のための信用貸しとローンの利用が制限されていることにより生じているという。

 もしブロックチェーンが広範囲に使用されれば、分散ネットワークはサプライチェーンに沿って業務記録を異なる金融機関の間で共有し、ビジネスに透明性をもたらすため、1兆ドルを埋めることができると、この調査は論じている。

 「それらは信用リスクを軽減し、手数料を削減し、貿易障壁を取り除くのに役立つだろう」と指摘おり、こう付け加えている。

 「もし実現すれば、主な受益者は、信用貸しへのアクセスが不足しているものの貿易の拡大に十分な余裕がある中小企業や新興市場である」

 調査員は、ブロックチェーンベースの貿易金融システムは、貿易金融格差の7%(1050億ドル)を占め、サプライチェーン上で75%のドキュメントベース取引の75%を占めるアジア経済にとって特に有益になると述べている。

 コインデスクは以前、中国本土と香港は、中小企業の資金提供ツールへのアクセス増加と不正行為防止のために、ブロックチェーンベースの貿易金融システムの立ち上げに動いたと報じた。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/blockchain-could-boost-trade-finance-by-1-trillion-wef-research-says/

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
リップル詳細ページ
ICOレーティングについて