イーサリアム向け、強力なASICマイナー

81577099_s.jpg

 ビットコインマイニング用デバイスの開発経験が豊富なチップデザイナーが、イーサリアムのプロトコルに注目している。

 ビットコイン用のマイニングチップ開発グループであるカナン・クリエイティブの元チーフチップメーカーをしていたチェン・ミン氏は、Linzhiという名の仮想通貨マイニングデバイスを開発するための新しいベンチャーを立ち上げた。同社の最初のプロジェクトとして、イーサリアムとイーサリアム・クラシックで使用されているイーサハッシュのアルゴリズムに取り組んでおり、新しいタイプのアプリケーション特化型集積回路(ASICs)マイナーが19年内に発売される予定だ。

 18年9月初旬に行われたイーサリアム・クラシック・サミットでのチェン氏のプレゼンテーションによると、ラバスノウという名のプロジェクトにより、Linzhiの新しいマイナーはビットメインのイーサハッシュ・マイナーに比べて1/8の電力しか必要としないという。また、1秒あたりのハッシュ処理を、ビットメインのアント・マイナーが190なのに対して14億行うと予想されている。

 そのハッシュパワーの増加は、ビットメイン・マイナーの予想3ドルと比較して、Linzhiのマイナーは1日あたり20ドルを生み出すことを意味する。結果、同社はマイナーが4カ月で損益分岐を超えると予想している。

 Linzhiは各マイナーが実際にどれくらいの費用を負担するかを発表しなかった。現在、同社は製品の開発に取り組んでおり、顧客は19年4月に製品の受け取りを開始する見通し。

 現時点では多くの個人マイナーやイーサリアムコミュニティのメンバーがASICに反対しているが、チェン氏はハードウェア単体では中央集権は引き起こさないとプレゼンテーションで述べている。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/a-new-line-of-powerful-asic-miners-is-coming-to-ethereum/

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
リップル詳細ページ
ICOレーティングについて