ビットコイン、6400ドルの抵抗抜け上昇目指す

86182456_s.jpg

 ビットコイン(BTC)は数時間前に重要な抵抗を上抜け、かなり強気な動きを見せている。

 ビットコインは13日に1BTC=6400ドルを超えた。これは11日のコマ足が示唆していたように、売り方の消耗によって上昇への準備が整いつつあることを示している。

 注目すべきことに、今回のポジティブな値動きに先行して、6月の安値と8月11日の安値を結ぶ長期トレンドラインは強固な守りを見せており、三角持ち合いも上抜けている。

 これらの結果、相場は上向く可能性が高い。しかし弱気なMA(移動平均線)が強い抵抗として機能し、上昇が難しくなるかもしれず、まだ注意は必要だ。

 ビットフィネックスのデータによると、当記事公開時点でビットコインは6450ドルで取引されており、13日の高値は6490ドルとなっている。

●時間足チャート

 三角持ち合い上抜けは強気への反転を示しており、直近の高値である7400ドル超えからの下落が終わり買い方が主導権を取り戻したことを意味している。

 さらに、50時間MAと100時間MAも買い方に味方し上向き始めている。このように楽観的になるだけの理由はあるものの、200時間MAは右肩下がり(弱気)となっており、買い方に警告している。

●日足チャート

 売り方は日足チャートの三角持ち合いを下抜けることに失敗し続け、最終的に強気な動きが生じた。UTC(協定世界時)での13日の終値が6400ドルになれば、短期的な強気相場がさらに強固なものとなる。

 しかし当記事執筆時点では、右肩下がり(弱気)の10日間MAが上昇に歯止めをかけている。

●見解

 時間足チャートと日足チャートでの強気の値動きによって、1-2日のうちに6847ドルに位置する10週間MAを試す可能性が示唆される。

 弱気なMAが強気な値動きの勢いを弱めるかもしれないが、上昇が止まる可能性は低い。

 さらに言うと、実際の値動きはMAのような遅行指標よりも常に優先する。

 日足チャートの三角持ち合いを下抜ければ、弱気な見通しの再開となる。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/bitcoin-price-looks-north-after-passing-6-4k-resistance/

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
リップル詳細ページ
ICOレーティングについて