2000億ドル割れ、仮想通貨市場の時価総額が10カ月ぶり低水準

95601637_l.jpg

 8日、全仮想通貨の合計時価総額が直近10カ月での最低水準まで下落した。

 ここ1週間、幅広い仮想通貨銘柄が著しく弱気になっていた。世界最大の仮想通貨であるビットコイン(BTC)は5日に1000ドル以上下落し、2番目に大きい仮想通貨のイーサリアム(ETH)は12カ月ぶりの安値まで下落した。

 これらの弱気な指標により、仮想通貨市場の合計時価総額は3日から約440億ドル減少し、8日には1911億ドルとなった。これは17年11月2日以来の最水準となる。

 当記事公開時点ではこの数字は若干改善。現在の時価総額は1957億ドルで前月比16%減、1月に記録した史上最高値の8300億ドルからは77%の下落となっている。

 仮想通貨市場の合計時価総額に対するビットコインの割合を示す指標であるビットコイン・ドミナンスも直近約10カ月での最高水準となり、56%をわずかに下回る値で推移している。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/back-below-200-billion-crypto-market-cap-sinks-to-10-month-low/

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
リップル詳細ページ
ICOレーティングについてティングについて