EOSのブロックプロデューサーら、コスト削減の動きへ

101480147_s.jpg

 イオス(EOS)ブロックチェーン(BC)プロジェクトは、口座開設のコストを削減することにより、新規ユーザーの加入促進を目指している。

 ネットワークのトランザクションを検証するために選出された21のブロックプロデューサーの1つであるEOSニューヨーク(EOS NewYork)は、15のブロックプロデューサーは新しいアカウントのコストを4KiB(キビバイト)から3KiBに削減する新しいプロコトルのアップデートを承認したと6日に発表した(9月6日時点で約1.84ドル)。 KiBは、データの量を測定するために使用される。

 この変更は新しいアカウントに1400バイトのRAMを無料で提供。また既存のアカウントもRAMを購入することで1400バイトを無料で受けとることができる。

 EOSブロックチェーン上のアカウントは、トークンの送金やネットワーク上での取引を始めるのに必要である。

 その投稿は、分散型アプリ(dApp)開発者の早い段階での参入を促すためにアカウント作成を簡単にすることの重要性を強調し、次のように説明した。

 「EOSアカウントの作成コストは、プラットフォームの健全性にとって非常に重要な側面です。EOS分散型アプリケーションの多くのユーザーは、EOSブロックチェーンの理解に熱心で時間を費やしているアーリーアダプターである。 しかし将来的にはそんなに熱心ではなくなるだろう。」

 dApp開発者はユーザーのアカウントを作成するか、ユーザーにアカウントを作成するための支払いを強いる必要があるため、コストを減らすことは「開発への障壁を劇的に減らす」ことになる。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/eos-block-producers-move-to-cut-costs-for-users/

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ"
リップル詳細ページ
ICOレーティングについて