仏エネルギー大手、BCベンチャーを230万ドルで支援

67728102_s.jpg

 フランスのエネルギー供給会社エンジー(Engie)とビジネスコンサルティンググループのマルテム(Maltem)は、企業顧客向けに新たなブロックチェーン(BC)開発の子会社を立ち上げると、7日発表した。

 ダブド・ブロックチェーン・スタジオ(Dubbed Blockchain Studio)と呼ばれる新しいベンチャーは、アジアと南ヨーロッパの顧客をターゲットにしているとエンジーが発表した。その最初の製品は、「BCプロジェクトの実行を加速し、産業化する」ソフトウェアスイート(ソフトウェアパッケージ)だという。

 「ほとんどのBCプロジェクトは『プルーフ・オブ・コンセプト』段階で停滞し、この技術はまだ熟練者と専門家の領域にとどまっている」と、同社は述べた。

 このツールは、スマートコントラクトの開発、「専門知識のないユーザーがアクセスできるようにすること」、「クラウドでアクセス可能なBCインフラの確立を会社のサーバー上で直接管理すること」を支援する。

 同スタートアップは開業資調達で190万ユーロ(約230万ドル)を確保した。チームは現在10人で、19年末までに25人に成長する予定だとエンジーは述べた。 また同社は来年、シンガポールに支店を開設する予定だ。

 3月にエンジーは、商業展開のためにエネルギー部門でBCプロジェクトを促進することを目指して、ウィーンを拠点とするBCスタートアップのグリッド・シンギュラリティ(Grid Singularity)とエネルギー供給会社のグループ、EMF(Energy Web Foundation)に加わった。

 7月、エンジーの企業研究センターであるエンジー・ラボ・クリンジ(Engie Lab CRINGE)は、コンピュータサイエンスと人工知能研究所を通して、エネルギー管理、スマートシティ、スマートビルディング、モビリティにおけるBCの可能性の検証を行うことで、IOTA財団との覚書を締結した。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/energy-giant-engie-maltem-back-new-blockchain-studio-with-2-3m/

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
リップル詳細ページ
ICOレーティングについて