ツイッターCEO、詐欺に対抗するためBC検討と議会証言

64956650_m.jpg

 ツイッターのジャック・ドーシーCEO(最高経営責任者)が9月5日の下院委員会で、自社プラットフォームでのBC(ブロックチェーン)の利用を検討していると証言した。

 ツイッターにおける反保守的な政治偏向の疑い、ユーザーのプライバシー保護、デマ情報、コンテンツ監視に関する下院エネルギー商業委員会の公聴会で、ドーシー氏はカリフォルニア選出のドリス・マツイ下院議員からの質問に回答した。

 マツイ氏は「以前、デマ情報や詐欺に対抗するための身元確認を行う取り組みなどで、BC技術の幅広い活用に関心を示していたが、BCのどのような活用を検討しているのか?」と質問した。

 18年に、ビットコイン(BTC)がネットの「ネイティブ通貨」になることを期待すると述べていたドーシー氏は、次のように回答した。

 「何よりもまず、我々が解決しようとしている問題、顧客のために解決中の問題から始め、利用可能な全ての技術に目を向け、それがより良い成果の達成や促進に役立つかどうかを知る必要がある。BCは、特に分散的な信頼や分散的な執行という分野で、まだ開発されていない多くの可能性を秘めた技術の1つだと考えている」

 同氏は続けて、「我々はまだ、ツイッターが直面している問題にこの技術をどのように利用できるかについて十分に深くは理解していないが、現在、社員がこれを検討中だ」と述べた。

 最近の出来事を考慮すると、同社がデジタル的な信頼を強化するための解決策を検討していることは、驚きではないだろう。

 コインデスクや他の報道機関が報じているように、ツイッターではユーザーから保有仮想通貨を騙し取ろうとする成り済まし詐欺が盛んに行われている。成り済ましアカウントや、研究者が言うところの大規模なボットネットを用い、詐欺師はユーザーを騙して架空の著名人やインフルエンサーにコインを送らせている。

 同じくドーシー氏がCEOを務める支払処理企業のスクエアは、BC技術に大きな関心を示している。

 スクエア・マーケットは14年、自社の業者向けPOS(販売時点情報管理)システムにビットコインを導入した。スクエアの別の製品であるモバイルアプリのキャッシュでは、17年後半にビットコインの売買試験が開始され、18年8月には全米50州での利用が始まった。

 マツイ氏はこの公聴会の中で、商務省にBC作業部会を作るよう求める法案にも言及した。

 マツイ氏は、BC技術を用いたツイッターの取り組みに関するドーシー氏への質問に先立ち、「本委員会で以前発表したように、私は間もなく、合意に基づくBCの定義を打ち立てるために、関係者による作業部会を開くよう商務省に命じる法案を提出する予定だ」と述べた。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/dorsey-tells-congress-twitter-is-thinking-about-blockchain-solutions/

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
リップル詳細ページ
ICOレーティングについて