アリババとIBM、世界のBC特許ランキングトップ

43658696_s.jpg

 出願された特許で企業をランク付けする新たなレポートによると、中国と米国の大手金融・技術系企業が、BC(ブロックチェーン)アプリケーション開発の世界的な動きをけん引している。

 知的財産専門メディアのiPRデイリーが8月31日に発表した調査では、中国のインターネット大手企業のアリババが、BC関連技術に特化した計90件の特許出願でランキングトップとなった。

 第2位はIBMで、わずか1件少ない計89件の申請、第3位のマスターカードは80件の申請だった。53件のBC関連特許を出願したバンク・オブ・アメリカが第4位となった。

 このランキングについてiPRデイリーは、世界知的所有権機関の国際特許制度に加え、中国、米国、欧州、日本、韓国の8月10日時点での特許データベースの情報を集計したと述べた。

 注目すべきことに、ランキング第5位はPBoC(中国人民銀行)だった。PBoCはBC産業に参入している世界でも数少ない中央銀行の1つで、計画中の中央銀行デジタル通貨に特化した計44件の特許を申請した。

 コインデスクが6月に報じたように、姚前氏が率いるPBoCのデジタル通貨研究所は、設立から12カ月以内に40件を超える特許を出願している。これらの特許は、中国における既存の通貨制度と仮想通貨の基本的な特徴を組み合わせたデジタル通貨を作り出すという、PBoCによる大規模な取り組みの一環だ。

 iPRデイリーのランキングに掲載された、20件以上のBC関連特許を出願している他の注目企業には、テンセント、アクセンチュア、平安保険、ビットメイン、インテル、ビザ、ソニー、グーグル、そして中国の国家電網公司などがある。

 今回のレポートで取り上げられたいくつかの企業で開発された技術は、実際に成果を出しつつある。

 例えば、アリババは最近、香港とフィリピンの住民による金融取引を決済する、分散ネットワークを基盤とした送金ルートを立ち上げている。

 テンセントもメッセージング・サービスの微信を通じ、従業員が立て替えた経費の払戻し手続きを迅速化するための、BC活用アプリケーションを試験している。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/alibaba-ibm-lead-global-blockchain-patent-drive-says-report/

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
リップル詳細ページ
ICOレーティングについて