<Pick Up>モスクワ政府、商業での透明性促進にイーサリアムを利用

7459383_s_クレムリン.jpg

 モスクワ政府は、週末開催するファーマーズマーケットで、販売区域を割り当てるシステムの一部にイーサリアム(ETH)を利用する計画を立てている。

 このシステムは、限られた販売区域を求めて競合し合う農家が提出する申請書を記録するもの。4月20日から11月25日の市場シーズンに、ロシア、アルメニア、ベラルーシ、カザフスタン、キルギスタンの農家が加入している1万5000の取引所から申請書が届く。

 予測されたように、毎年2万人の応募者が、販売区域の獲得を求めて申請書を提出している。モスクワ市役所のブロックチェーン(BC)プロダクトマネージャーであるアンドレイ氏によると、このアイディアは、申請書を改変無く記録する手段としてイーサリアムを利用するもので、承認または拒否に関する情報が更新される。

 同氏は、「BCにより、提出された申請書が改変できないことが保証され、申請履歴の監査も可能となる。」とコインデスクに説明した。

 モスクワ政府は声明で次のように述べた。

 「データセット全体は一般公開され、透明性があり、ダウンロード可能となる。このケースでは、提出時刻は確認可能だが、提出後は申込書の削除や改変をできないようになる。」

 問題点としては、農家の多くが、現行システムでは申込書の見直しができないことを不満に感じていることがあげられている。

 モスクワ市役所CIO(最高情報責任者)で、戦略兼イノベーションアドバイザーであるアンドレイ氏は、この新システムが、情報へさらに一般アクセス可能となることで、これらの問題を軽減させることを望むと述べている。

 「我々は、農家の人々が、申請書の拒否または承認の理由を理解できるように、システムは透明性をもつべきと信じている。」とプレスリリースで述べている。「BCにより、この処理を完全に透明性があるものにし、誰も申請書の改変ができないようにする。我々は、BCの利用で、皆のための完全な透明性を提供できることを望んでいる。」

 アンドレイ氏はコインデスクに、モスクワ市役所は、16年にBCに関連する業務が可能な開発者の採用を始めており、18年に正式に「プロダクトBC」という部署を新設した。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/moscows-government-to-use-ethereum-to-promote-transparency-in-commerce/

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
リップル詳細ページ
ICOレーティングについて