<Pick Up>サムスン、BCで銀行業務を効率化

61174482_s.jpg

 韓国のテック複合企業の子会社であるサムスンSDSは27日、韓国銀行のためのブロックチェーン(BC)ベースの、認証プラットフォームを開発したと発表した。

 韓国銀行連合と共同開発したバンクサイン(と呼ばれる新しいプラットフォームは、異なる銀行のモバイルシステム間のやり取りをシームレスにすると言われている。 ユーザはさまざまなアプリで取引を行うことができるが、パスワード、指紋、パターンを使用して1つのアプリからの認証が必要になると、聯合ニュースが伝えている。

 銀行のシステムをデータシェアリングネットワークに接続することでシステムのセキュリティを確保でき、このネットワーク内の認証データは最大3年間有効であるとサムスンの代表者は述べた。

 声明によると、このセキュリティはBC特有の不変性によって支えられている。

 加えて:
「バンクサインは、銀行業務に多大な影響を与える、BC技術の最初のアプリケーションだ。同社は、銀行と金融機関の競争力を鼓舞するデジタル化事業の拡大を続ける予定だ。」

 サムスンSDSは15年に発足し、17年に最初のビジネスプラットフォームである「ネクスレジャー」を発売した。その後、BCテクノロジーと人工知能を備えた、デジタル金融プラットフォーム、「ネクスファイナンス」を発表。さまざまな金融会社の財務記録の追跡と統合を自動化し、製品の推奨を行い、保険の支払い請求をし、クレジットカードのロイヤリティポイントを管理するとザ・コリア・ヘラルドは18年6月に報じている。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/samsung-looks-to-streamline-banking-with-blockchain-tool/amp/

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
リップル詳細ページ
ICOレーティングについて