韓国ビッサム、銀行が契約更新に合意し利用者登録再開へ

104471288_s.jpg

 韓国最大級の仮想通貨交換所であるビッサムが、同国の農協銀行との契約を更新すると報じられた。これにより、同社による新規口座の登録受入れが可能となる。

 韓国の聯合ニュースは29日、ビッサムと農協銀行が30日に契約を交わす予定だと報じた。この契約は、ビッサムが仮想通貨トレーダーにいわゆる実名仮想口座を新たに割り当てられるようにするものだ。

 コインデスクが以前報じたように、ビッサムは7月31日、「サービス向上」のため新規口座登録サービスを停止すると発表していた。当時の報道では、同交換所が6月に3100万ドルをハッキングされた後、農協銀行が改善を求めたため停止を余儀なくされたと言われていた。

 韓国の銀行は現在、仮想通貨交換所向けの口座サービスを提供し、利用者の資金を代理として預け入れることができる。しかし、交換所の入金口座内部にある各利用者専用の仮想口座は、その利用者の確認済みの身元証明と紐づけなければならない。これは、マネーロンダリング対策として銀行が資金の流れを監視できるようにするためだ。

 さらに同国の規制では、利用者の口座は会社用の口座(交換所自体の運営資金を保管するための口座など)と分離しなければならない。

 7月に口座登録停止が発表された後、ビッサムの24時間取引高は大きな影響を受け、7月31日の約3億5000万ドルから8月3日の2億ドルまで、わずか3日間で4割減少した。

 コインマーケットキャップのデータによると、8月23日には日間取引高がさらに7170万ドル付近まで減少したが、当記事公開時点では3億4400万ドル超えまで回復している。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/bithumb-to-restart-user-registrations-as-bank-agrees-contract-renewal/

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
リップル詳細ページ
ICOレーティングについて