ロシア最大の航空会社、燃料費支払追跡にBCを試験

56926628_s.jpg

 ロシア最大の航空会社であるS7航空が、飛行機への給油手続きに関するデータと書類を追跡する、BC(ブロックチェーン)を用いたアプリケーションを試験している。

 同社は8月27日、燃料会社のガスプロムネフチ・エアロやロシア最大の民間銀行であるアルファ銀行と共に、トルマチョーヴォ国際空港を出発地とする国内線でこのアプリケーションを試験したと述べた。

 S7航空によると、このアプリケーションは燃料需要に関するデータを共有台帳でシェアするもので、そのコピーは3社が各社で管理するという。さらに、各取引中にスマートコントラクトで作られた電子請求を用いて、ネットワーク上で燃料費を支払うことができる。

 同社は「前払いや銀行による保証無し」での取引の迅速化が目的だと述べた。さらに、この技術により「多くの手作業での事務」が不要となるため、手続き全体が「60秒」で終わると付け加えた。

 S7航空の情報技術部で副部長を務めるパベル・ボロニン氏は、「これは銀行、航空会社、燃料会社の3社間での自動化された取引だ。事前に定められた規則に従った航空機への給油後、照合と清算が行われる」と述べた。

 今回の試験は、自社の航空事業での活用のためにBCを試す、S7航空による新たな取り組みだ。

 コインデスクは17年7月、アルファ銀行との提携の一環として、S7航空がイーサリアム(ETH)BCを通じた航空券発行を検討していると報じていた。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/russias-largest-airline-tests-blockchain-in-bid-to-track-fuel-payments/

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
リップル詳細ページ
ICOレーティングについて