米SEC、ビットコインETF9件の申請を却下

sec2.jpg

 米SEC(証券取引委員会)が、プロシェアーズ、ディレクシオン、グラナイトシェアーズによるビットコイン(BTC)ETF(上場投資信託)の申請を却下した。

 これら3つの却下命令は、これまで報じられていたSECによる承認手続きの期限に先立ち、8月22日に発行された。

 注目すべきことに、これら全ての申請却下でSECは全く同じ根拠と文言を使用した。

 SECはプロシェアーズの申請について次のように記している。

 「...本委員会は規則変更の申請を却下する。後述のように、同交換所が証券取引所法と本委員会の施行規則の下で、自身の申請が証券取引所法6(b)(5)項の要件、特に国法取引所は詐欺と市場操作行為を防止するための規則を定めなければならないという要件、に合致していることを証明する責任を果たしていないことがその理由である」

 一方、ディレクシオンが申請したETFについては次のように記している。

「...本委員会は規則変更の申請を却下する。後述のように、同交換所が証券取引所法と本委員会の施行規則の下で、自身の申請が証券取引所法6(b)(5)項の要件、特に国法取引所は詐欺と市場操作行為を防止するための規則を定めなければならないという要件、に合致していることを証明する責任を果たしていないことがその理由である」

 これら全てのケースで、SECは「この申請却下は、ビットコインあるいはより一般的に言うとBC(ブロックチェーン)技術が、技術革新や投資としての有用性や価値を持っているか否かに依拠したものではないことを強調する」と述べている。

 グラナイトシェアーズへの申請却下でも同様の文言が使われた。

 今回の申請却下のほんの数週間前には、SECの委員によって、投資家であるキャメロン・ウィンクルボス氏とタイラー・ウィンクルボス氏が申請したビットコインETFに対する再検討が完了していた。SECの委員の過半数が同委員会による17年3月の決定を支持したことで、ウィンクルボス兄弟による数年がかりの取り組みは失敗に終わった。

 SECの委員の1人であるヘスター・パース氏はこの決定に異議を唱え、コインデスクとの対談で、このビットコインETFを阻止する動きは、投資家にとっても技術革新を行う人々にとっても有害だと語っていた。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/sec-rejects-7-bitcoin-etf-proposals/

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
リップル詳細ページ
ICOレーティングについてティングについて