カナダ政府系機関、イーサリアムBCのエクスプローラーを開発

16452217_s.jpg

 NRC(カナダ国立研究評議会)が8月20日、イーサリアム(ETH)BC(ブロックチェーン)のエクスプローラーを開発したと発表した。

 NRCは報道発表で、同評議会のIRAP(産業研究支援プログラム)は現在、BC新興企業のビットアクセスが提供するサービスを通じて、IPFS(インタープラネタリー・ファイル・システム)上でこのエクスプローラーをホストしていると述べた。

 IPFSを用いることで、元々のホストがオンラインか否かに関わらず、ウェブアプリケーションが「不変かつ長期的にアクセス可能」であることが保証されるという。

 ビットアクセスによると、このエクスプローラーは、事前に公開された助成金と寄付金のデータをイーサリアムBC上で検索できるようにするものだ。

 NRCは続けて次のように述べた。

 「初期段階ではあるが、NRCのIRAPによるBCの試験は、同技術の将来性や、同技術がよりオープンで透明性のある公共事業の運営にどう利用できるかに関する前向きな知見をもたらすと期待される」

 この発表によると、より透明性の高い政府契約の管理を目指し、NRCのIRAPは1月にカナダ政府初となる公開BC技術の試験をイーサリアム上で開始していた。

 それ以来、IRAPはBC技術のさらなる活用を模索してきたという。

 コインデスクが以前報じたように、IPFSはデータのコピーを複数保管することでより永続性の高いネットの構築を目指している。米国の新政権によって政府機関のデータが破棄されることを多くの人々が懸念する中、国際的な注目を集めたことがある。

 ビットアクセスの共同創設者であるモエ・アドハム氏は報道発表で、同社は「公的情報の確認と検証に有権者が参加できる」ようにするための支援を行っていると述べた。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/a-canadian-government-body-has-built-an-ethereum-blockchain-explorer/

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
リップル詳細ページ
ICOレーティングについて