パンテラ・キャピタル、第3の仮想通貨ファンドで7100万ドル調達

28862772_s.jpg/>

 BC(ブロックチェーン)投資会社のパンテラ・キャピタルが3つ目の仮想通貨ファンドを立ち上げた。既に7100万ドル以上を調達している。公文書で明らかになった。

 同社が8月15日にSEC(米証券取引委員会)に提出した書類で、ベンチャー・ファンドIIIという新たな投資スキームが7月31日に最初の資金調達を開始し、90名の投資家から7144万ドルを調達したことが判明した。

 現段階ではパンテラがあとどれだけの額を調達するつもりなのかは不明だが、テッククランチの8月16日の報道によると同社は1億7500万ドルを目標にしているという。

 これまでSECに提出された書類によると、同社は少なくとも16年のベンチャー・ファンドIIで1300万ドル、17年のICO(イニシャル・コイン・オファリング)ファンドで2500万ドルを調達している。

 パンテラは8月15日のブログ記事で、ベンチャー・ファンドIIIは既に最初のBC関連の投資を行ったと述べた。投資先はニューヨーク証券取引所の親会社であるICE(インターコンチネンタル取引所)が8月に立ち上げた仮想通貨交換所の「バックト」だ。

 すでに報じられている通り、パンテラはここ5年間、様々な仮想通貨プロジェクトへの投資で10000%の利益を上げている。同社はビットスタンプ、コービット、シェイプシフトといった仮想通貨交換所や、サークルやリップルのような決済系新興企業に投資している。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/pantera-capital-raises-71-million-for-third-crypto-venture-fund/

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
リップル詳細ページ
ICOレーティングについて