<今日の仮想通貨市況>トルコショック一服、イーサ、リップル持ち直し

96043370_s.jpg
 主要仮想通貨は持ち直した。15日10時20分時点で、ビットコイン(BTC)が1BTC=69万5464円(過去24時間比0.08%高)とプラス転換。一時は対ドルで6000ドル(66万円近辺)を割り込む場面があったが、その後は買い戻し優勢となっている。

 一方、アルトコインではイーサリアム(ETH)が1ETH=3万1606円(同5.39%高)、リップル(XRP)が1XRP=32円(同9.19%高)となっているが、それぞれ急落から持ち直した。

 資金調達手段としてイーサリアムを利用していたICO(イニシャル・コイン・オファリング)実施企業がイーサリアムを換金したと伝わったことや、米国でリップルをめぐる訴訟があるとの見方が浮上したことなどが下げ相場につながったようだ。ただ、トルコショックが一服し、リスク回避姿勢が後退する中、仮想通貨市場から資金を引き揚げる動きが一段落した。

(イメージ写真提供:123RF)

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
リップル詳細ページ
ICOレーティングについて