ジャマイカ証取、暗号資産の取引を18年内に開始

91040294_s.jpg

 ジャマイカ証券取引所(JSE)で、間もなく顧客が仮想通貨を取引できるようになる。

 JSEは8月14日、新たなデジタル資産取引所の設立に関して、ブロックチェーン(BC)新興企業のブロックステーションとの覚書(MoU)に署名したと述べた。最初にどのトークンが上場されるのかは不明だが、この取引所は18年末までにサービスを開始する予定だ。

 インタビューの中で、JSEのマーリン・ストリート・フォレスト社長は、投資商品としての仮想通貨の提供はJSEが既に提供している株式や債券、その他の投資商品に適合するものだと述べた。

 フォレスト氏はコインデスクに対し次のように語った。

 「結局のところ、最終段階はトークンの取引であり、スマートコントラクトであり、この商品に適した市場の提供であり、安全な方法でそれらを始めることだ」

 同氏は、ブロックステーションが技術を提供しJSEのインフラと新たな取引所がネットワークで結ばれることで、適格投資家が購入や取引を行えるようになると説明した。

 仮想通貨の取り扱い開始とは別に、ストリート・フォレスト氏は、JSEはBC技術が自社とその顧客にどのような利益をもたらし得るかを引き続き注視すると述べ、将来的にはJSEが独自の仮想通貨を発行するかもしれないとさえ述べた。

 同氏は「環境は変化するし、エコシステム全体も変化する。なのでいつかは実現するかもしれない。(しかし)現時点では議題に上がっていない」と述べた。

 ブロックステーションの共同創設者でチーフ・エンタープライズ・アーキテクトのジャイ・ウォーターマン氏はコインデスクに対し、顧客向け取引所の開発のため、JSEと約6カ月間協力体制にあると語った。同氏は、JSEからの具体的な要求としては、市場操作を追跡するためのツールやその他の規制上のニーズなどがあったと述べた。

 同氏は、「我々の使命は、仮想通貨を証券会社や証券取引所と安全に取引する手段を提供することだ」と述べた。「我々は、証券の場合と同じように、取引の全体にわたってBCや仮想通貨と全く同じことをできるようにするために、証券会社のネットワークや保管所に関する技術をJSEに提供している」と述べた。

 ストリート・フォレスト氏は、とはいえJSEは急いでいるわけではなく、投資家にとって安全だと確認するために時間をかけていると述べた。

 「ブロックステーションの製品やBC技術全般を吟味し、我々が関与している物事への理解を確認するために組織された運営委員会がある。同委員会はこの仮想通貨取引全体に何が伴うのかも熟知している」、と同氏は説明した。

 従って、同氏は、JSEにおけるBC導入は「段階的」なものになると述べた。


(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/jamaica-stock-exchange-to-trade-crypto-assets-in-2018/

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
リップル詳細ページ
ICOレーティングについて