<今日の仮想通貨市況>全面高、売られ過ぎとの見方浮上

95601637_l.jpg
 主要仮想通貨は10日午前9時20分現在、ビットコイン(BTC)が1BTC=73万1587円(過去24時間比4.25%高)、イーサリアム(ETH)が1ETH=4万655円(同2.29%高)、リップル(XRP)が1XRP=39円(同2.74%高)とほぼ全面高商状となっている。

 今週はSEC(米証券取引委員会)がCBOE(シカゴ・オプション取引所)によるVanEck版ビットコインETF(上場投資信託)の上場延期を決めたことが仮想通貨全般の売り材料となっていたが、9日、著名なビットコイン分析の専門家であるブライアン・ケリー氏が「SECが9月末まで審査期間を延長したが、さらに先延ばしされる可能性も非常に高い」とし、市場にとって今のビットコインETFは時期尚早といえ、最終結論までには時間を要するとの見方を示した。上場を認めないとしたものではなく、必要以上悲観視すべきではないとも強調している。

 テクニカル面でもビットコインはフシ目の70万円を割り込み、買い戻しが入りやすい局面でもあった。

(イメージ写真提供:123RF)

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
ビットコインキャッシュ詳細ページ
イーサ詳細ページ
ICOレーティングについて