新たなBCソフト、既に76万個のダイヤモンドを追跡と主張

6209040_s.jpg

 中国初のネット専門保険会社である衆安保険の子会社が、76万個のダイヤモンドのデータをブロックチェーン(BC)に載せたと述べた。

 香港で上場している衆安科技が、宝石を追跡するBCソフトウェアの販売開始を8月7日に発表した。同社によると、この事業はラグジュアリー業界でより高水準のトレーサビリティを得るためのものだという。

 オンライン・ダイヤモンド取引企業のEダイアムズと衆安が共同で新設した子会社、ダイアムズレジャーがこのソフトウェアを販売する。

衆安独自のBCネットワーク上に構築され、同社のクラウド・プラットフォームであるアンリンク上にホストされるこのソフトウェアは、ダイヤモンド販売業者、加工会社、税関、ロジスティクス企業、取引センターといった、ダイヤモンド・サプライチェーン上の選ばれた関係者に向けて展開される。

 同社の発表によると最終的な目標は、製造から顧客の手に渡るまでのダイヤモンドにまつわるあらゆる情報を追跡する、透明性のある台帳を分散ネットワーク上で提供することだという。

 同社は、このシステムはGIA、NGTC、HRDといった従来の業界証明書と並行して用いることもできると述べた。すなわち、購入者はダイヤモンドの証明書番号を入力することで、ダイアムズレジャーのポータルであらゆる情報を見ることができる。

ダイアムズレジャーのチャン・ヨンウェンCEO(最高経営責任者)は、「7月中旬時点で、76万個のダイヤモンドの情報がアンリンク上にアップロードされている」と述べた。チャン氏はさらに、このソフトウェアはカラーや原産地のようなダイヤモンドの物理的情報を主に記録する従来の証明書と合わせて、2重の保証を提供すると述べた。

衆安はこれまでにも、食品サプライチェーンの追跡と記録のためのBC応用ソフトウェアや、メディアを著作権侵害から守るためのBCソリューションに関する特許申請といった取り組みを行っている。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/new-blockchain-app-claims-its-already-tracking-760000-diamonds/

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
ビットコインキャッシュ詳細ページ
イーサ詳細ページ
ICOレーティングについて