インドのテランガーナ州、「BC特区」構築でマヒンドラと提携

97418423_s.jpg

 インドのある州政府が、州都内にブロックチェーン(BC)新興企業専門の特区を構築するため、ITサービス大手の多国籍企業と提携した。

 テランガーナ州政府のIT局は8月3日、インドに本社を置く上場企業のテックマヒンドラとの覚書(MoU)に署名した。両者は協力してインド初の「BC特区」を構築することになる。

 エコノミック・タイムズの報道によると、このBC特区は同州の州都であるハイデラバード内に作られ、インドのBC新興企業を支援し収容するための物理的なビルも備えるという。これはBC技術の発展を促進させるための同政府による活動の一環だ。

 ビジネスニュース報道機関のInc24によると、同州政府は、この新特区のインフラ整備やBC新興企業を支援する政策と規制の提供を主に担当する。

 一方、テックマヒンドラは、BCエコシステムに特化した専門知識と技術的スキルを提供する。8月3日の発表によると、テックマヒンドラはイレブン01・プロトコルというインドの新興企業専用のBCプラットフォームの開発にも取り組むという。

 コインデスクが以前報じたように、テックマヒンドラはインド市場に様々なソリューションをもたらすため、海外のBC新興企業とも提携している。

 このBC特区は、政府支援の計画でBCの発展を促すための、インドの州による新たな取り組みだ。

 テランガーナ州の隣にあるアンドラ・プラデシュ州は既に、同州のフィンテック・バレー・ヴァイザーグ計画の一環として、BCエコシステムの開発開始に向けてあるファンドとの合意書に署名している。

 また、コインテレグラフが以前報じたように、アンドラ・プラデシュ州とテランガーナ州は共に、土地登記簿をデジタル的に作り直すためにBC技術を研究している。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/indian-state-partners-with-mahindra-to-build-blockchain-district/

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
ビットコインキャッシュ詳細ページ
イーサ詳細ページ
ICOレーティングについて