<Pick Up>リップルがマラウイの孤児のための募金でマドンナ氏と提携

101352066_s.jpg

 仮想通貨決済関連のスタートアップ企業であるリップルがアフリカのマラウイに暮らす孤児のための募金においてマドンナ氏と提携する。

 伝説的なポップアイコンであるマドンナ氏は月曜日、彼女の60歳の誕生日を祝福する方法として今回の募金プロジェクトの発表を行った。マドンナ氏によれば、集められた資金はすべて彼女が米国人脚本家であるマイケル・バーグ氏と06年に共同で設立した非政府団体であるレイジング・マラウイに送られ、マラウイの孤児院である「希望の家」での活動を支援するために用いられる。注目すべきことに、今回リップルはマッチング寄付を行う。

 声明では、リップルの事業運営シニアヴァイスプレジデントであるエリック・ヴァン・ミルテンバーグ氏が今回の慈善事業は重要であると述べている。

 彼は以下のようにも述べている。

 「世界の中でも最も辛い生活をしている子供に対するレイジング・マラウイの活動の一部になることができ光栄です。同時に、このプロジェクト、そしてこの大義ある組織を紹介してくれた私たちの投資家であるサウンド・ベンチャーズに感謝しています」

 フェイスブックの募金ページによれば、7月30日から8月31日まで行われる今回の募金はすでに2日間で約540人から2万6千ドルも集めており、目標である6万ドルの約半分に達する。

 マドンナ氏は今回の募金イベントは「私の世界中の家族とこの美しい国、そして私たちの助けを最も必要とするこの国の子供たちをつなぐ」誕生日プレゼントになると語った。

 IMF(国際通貨基金)によれば、マラウイは世界で最も貧しい国の1つであり、人口の約50%が貧困線以下で生活している。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/ripple-partners-with-madonna-to-fundraise-for-orphans-in-malawi/

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
ビットコインキャッシュ詳細ページ
イーサ詳細ページ
ICOレーティングについて