<Pick Up>グーグル、仮想通貨マイニングアプリを禁止

24729942_l.jpg


 グーグルがアップルと同様にアプリストアにおいて仮想通貨マイニングアプリを禁止した。

 木曜日のアンドロイド・ポリスの報道によれば、グーグルは最新のGoogle Playデベロッパープログラムポリシーの更新において今回の仮想通貨マイニングに対する対応の変更を発表した。

 「端末上で暗号通貨をマイニングするアプリは認められない。暗号通貨のマイニングをリモート管理するアプリは認められる」と、更新されたプログラムポリシーには書かれている。

 今回の制限はグーグルとアップルの両社が同社のプラットフォーム上において仮想通貨マイニング関連の活動を抑制するための努力を強化している中でのことである。

 4月には、グーグルはChromeウェブストアにおいて「大多数」が目的の単一性という同ストアのポリシーに反していたか、悪質であったことを発見した後に、同ストアにおいて仮想通貨マイニング用の拡張機能を禁止した。

 そしてつい6月には、アップルはiOS開発者用のポリシーを更新し、端末上での仮想通貨マイニングに使用できるいかなるアプリも禁止した。

 このような公にされている仮想通貨マイナーを制限する一連の動きは、サイバー犯罪の世界において隠れて行う仮想通貨マイニングが人気の絶頂を迎えている中でのことである。

 ロシアのサイバーセキュリティ会社であるカスペルスキーは6月のレポートの中で、悪意のある者が仮想通貨マイニングに利用するために人々の端末を乗っとるというクリプトジャッキングの発生件数が過去1年間において44.5パーセントも増加したことを報告している。

 同様に、スカイボックス・セキュリティによる最近のレポートは違法仮想通貨マイニングは今ではランサムウェアよりも人気があることを示唆している。スカイボックス・セキュリティはレポートの中でランサムウェアがサイバー攻撃の8パーセントだけを占めている一方で、仮想通貨マイナーは32パーセントも占めていると伝えている。17年末時点では、この割合はほとんど反対であった。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/google-bans-crypto-mining-apps-from-play-store/

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
ビットコインキャッシュ詳細ページ
イーサ詳細ページ
ICOレーティングについて