<今日の仮想通貨市況>ビットコイン7500ドル割れ―今後急落との見方浮上

97634484_s.jpg
 2日の主要仮想通貨は軟調で、3日午前10時5分現在では、ビットコイン(BTC)が1BTC=82万9292円(過去24時間比3.37%安)、対ドルでは1ドル=7500ドルを割り込んだ。米調査会社アナリストの見方として、7500ドルの水準が守られなければビットコインは急落する可能性があると報じられ、目先の下値抵抗水準を下抜けている。

 この他、イーサリアム(ETH)が1ETH=4万5283円(同4.26%安)、リップル(XRP)が1XRP=48円(同4.33%安)、ビットコインキャッシュ(BCH)が1BCH=8万96円(同6.87%安)と軒並み値を下げている。

 2日の為替市場では、ドルも円も強含む中でドル・円は小幅に推移。ドルは米株市場の持ち直しを背景に対主要通貨で買い優勢となり、仮想通貨市場はドル買い主導で軟調ムードとなっている。

 なお、ドルと連動した価値を持つとされる時価総額10位のテザー(USDT)は過去24時間比で0.20%高、週間ベースでも0.38%高としっかりしている。

(イメージ写真提供:123RF)

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
ビットコインキャッシュ詳細ページ
イーサ詳細ページ
ICOレーティングについて