<今日の仮想通貨市況>米株安・FAANG売りが波及

14931232_s.jpg
 30日の主要仮想通貨は軟調な推移で、31日午前9時20分現在では、ビットコイン(BTC)が1BTC=90万4693円(過去24時間比0.30%高)とプラス転換したものの、イーサリアムが1ETH=5万662円(同1.26%安)、リップルが1XRP=49円(同1.25%安)と売り優勢。時価総額上位14位までの通貨(アルトコイン)が過去24時間比でマイナスとなっている。

 30日の米株式市場では、主要株価指数が揃って下落。ITセクターをけん引するFAANG(フェイスブック、アマゾン、アップル、ネットフリックス、グーグルの持株会社アルファベット)も軒並み売られ、仮想通貨相場に波及しているとの見方がある。

 一方、6月に米大手仮想通貨取引所コインベースに上場されると報じられて以降人気化している時価総額15位のイーサリアムクラシック(ETC)は過去24時間比2.26%高、週間ベースでも4.05%高と堅調に推移している。

(イメージ写真提供:123RF)

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
ビットコインキャッシュ詳細ページ
イーサ詳細ページ
ICOレーティングについて