シンガポール航空、BCベースのサービス開始

60818235_s.jpg

 シンガポール航空は常連客向けにブロックチェーン(BC)ベースのロイヤルティプログラムを正式に開始した。

 KPMGとマイクロソフトとの提携により開発されたデジタルウォレットであるクリスペイ(KrisPay)は、シンガポール航空の顧客が渡航で貯めたマイルを、シンガポール国内の加盟店で使用できるようにするものだ。最も注目すべき点は、新たにクリスフライヤー(KrisFlyer)と名付けられたプログラムは、報道によると、顧客のロイヤルティウォレットを支えるためにBCを利用している。

 このプログラムに登録をした顧客は、携帯電話にアプリをダウンロードできる。顧客は、マイルをクリスペイに変換し、加盟店でQRコードをスキャンすることにより、支払いに使用できる。

 同社は、飲食店、美容院、ガソリンスタンド、レゴショップを含む一部の小売店など、シンガポール内の18の提携先を発表した。さらに多くの提携先が増えることが期待され、航空会社は早く利用を開始した顧客に、割引を提供するとしている。

 同航空会社がこの新しいBCサービスを初めて発表したのは18年2月で、KPMGとマイクロソフトとの実証試験を成功させた後だ。

 この報道は、同航空会社がロンドンのスカイトラックスからワールド・エアライン・アワードを受賞し、世界のベスト航空会社に選ばれた一週間後の事だった。 今年、シンガポール航空は17年優勝のカタール航空を上回った。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/singapore-airlines-blockchain-based-loyalty-program-takes-off/amp/

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
ビットコインキャッシュ詳細ページ
イーサ詳細ページ
ICOレーティングについて