中国、政府支援の10億ドルBCファンド立ち上げ

104909106_s.jpg

 中国のとある都市が、ブロックチェーン(BC)に特化した企業の発展を支援するために10億ドルを超える規模のファンドを立ち上げようとしている。

 南京市江北新区の区役所は20日、100億元(約14億ドル)のBCファンドの立ち上げ計画を発表した。新華社通信の報道によると、このプロジェクトは官民の提携を通じて資金を調達するという。

 このBCファンドには、ユアンダオ・キャピタルがパートナーとして加わる。同社は中国の学術機関によって創設されたBC業界連盟の会長であるユアン・ダオ氏が設立した。南京に本社を置く上場ベンチャー・キャピタルのジョルモ・インベストメント・マネジメントもパートナーとして加わる。

 別の現地報道によると、南京政府が全体の30%を出資し、残り70%が民間企業からの出資になるという。

 この報道によると、ファンドの30%はアーリーステージのBC新興企業や中国の学術機関による新たなアイデアに向けられ、40%はBCの採用を目指す従来産業の企業に配分される。そして残りは仮想通貨のプロジェクトへの「慎重な」投資に使われるという。

 今回の取り組み以前には、中国の杭州市と深セン市の市政府がそれぞれ16億ドルと8000万ドルのBC専門ファンドを立ち上げたと報じられている。

 この南京市の計画は、習近平国家主席と国務院がBC開発への支持を表明したことを受けたものでもある。習主席は5月、研究者らに向けた発言の中で、BCは経済における「ブレイクスルー」だと初めて認めていた。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/another-1-billion-blockchain-fund-to-launch-with-government-backing/

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
ビットコインキャッシュ詳細ページ
イーサ詳細ページ
ICOレーティングについて