<Pick Up>FRB議長、仮想通貨は資金洗浄に「最適」と

1779661_s.jpg

 ジェローム・パウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議長は、米議会証言で仮想通貨に対して厳しい言葉を述べた。

 CNBCの報道によれば、水曜日の米下院金融サービス委員会の証言で、パウエル議長は仮想通貨に「固有の価値」はなく、重大なリスクを投資家に提供していると述べた。パウエル議長の懸念の一部は仮想通貨のバブル現象に由来しているように見える。同議長は「比較的洗練されていない投資家は、仮想通貨の値段が上がるのを見て『これは凄い。これを買おう』と考える。しかし、実際にはそこには何の保証もない」と述べた。

 同議長は以下のように付け加えた。

 「これは実際には貨幣ではない。貨幣の機能は何かと考えれば、基本的にはそれは支払い、価値保存の手段だ。しかし、仮想通貨は支払いにあまり利用されていないし、価値保存について言えば、仮想通貨のボラティリティ(変動性)からするとそれに向いてないのが分かる。」

 「仮想通貨は困難な課題だ。資金を隠したり、洗浄するのに最適だからだ。我々はこのことを良く認識しておく必要がある」とも同議長は述べている。

 とは言うものの、パウエル議長は「投資家・消費者保護といった問題はある」が、仮想通貨市場は金融の安定を脅かすほど大きなものではなく、従ってFRBは仮想通貨の規制を考えていない、とブルームバーグは伝えた。

 同議長の証言は下院金融サービス委員会が仮想通貨に直接焦点を当てた新たな公聴会を開く数時間前に行われたものである。コインデスクが以前報じたように、この公聴会は仮想通貨が新しい貨幣の形態であるかどうかという問題を中心に扱うものである。

 注目すべきことに、この公聴会が発表された後に公開されたメモには、委員会のメンバーが、「米政府がどの程度仮想通貨を貨幣として見るべきか、そして潜在的な国内、世界での仮想通貨の利用」を調査すると述べていた。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/fed-chair-cryptocurrencies-are-great-for-money-laundering/

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
ビットコインキャッシュ詳細ページ
イーサ詳細ページ
ICOレーティングについて