GMOの新ネットバンク、BC用いた決済システム導入

91005919_s.jpg

 GMOインターネットは、支払いを容易にするためブロックチェーン(BC)を用いた新しいネットバンクを設立した。

 同社はあおぞら銀行と提携し、16年中頃から「次世代」銀行の立ち上げ準備を進めていたことを明らかにした。

 「GMOあおぞらネット銀行」と呼ばれる新しい企業は、フィンテックとITの統合を通じて新しい金融サービスを提供することを目指し、高度なセキュリティ証明書、BC、AI(人工知能)およびIoT(モノのインターネット)を活用する予定だ。

 新銀行のプレスリリースでは、GMOインターネットと「BC技術を利用した新しい決済システムを開発する」と発表していた。

 同銀行は、「BC技術の適用により、より安全で安価な支払いと金融サービスの飛躍的進歩への期待が高まっている」。

 将来的に、GMOあおぞらネット銀行は、「ホワイトラベル」のライセンススキームに基づいて他の企業に支払いインフラを提供する「プラットフォームバンク」になることを計画している。

 同行の設立は、17年5月に自社の取引所を開設、9月のビットコイン採掘ビジネスに移行して以来、GMOのブロックチェーンと仮想通貨事業の最新の取り組みとなる。

 先月、同社は、10月から出荷される予定の世界で初めて7nmチップ技術をベースにした独自のビットコイン・マイナーを発売すると発表した。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/gmos-new-internet-bank-will-settle-payments-with-blockchain/amp/

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
ビットコインキャッシュ詳細ページ
イーサ詳細ページ
ICOレーティングについて