仮想通貨スタートアップにFCAのサンドボックス推奨

84297629_s.jpg

 英国の金融規制当局は初めて、ブロックチェーン関連のスタートアップの可能性を認識している。

 最新スタートアップ規制の「サンドボックス」について、金融行動監視機構(FCA)はブロックチェーンと分散台帳技術関連企業29社のうち40%にあたる11社にアクセスを許可した。

 FCAの先週の発表によると、規制当局は69社の申し込みを受けたが、そのうちの40社はグループを作っていなかったという。

 規制当局者は、

「われわれは、暗号資産に関する提案をテストする数多くの企業を受け入れた。管理された環境で、リスクを効果的に管理しながら消費者が利益を享受できるかどうかを模索したい」

 ロンドン証券取引所とロンドン金融サービス会社のニヴァラの両方と提携し、11社のブロックチェーン企業の1つである20|30は、「企業がより効率的かつ合理的な方法で、資本を調達できるようにするDLTベースのプラットフォームを構築する」とFCAポストは記述している。

 報道によると同プラットフォームは、投資家へのイーサリアムベースの株式トークンの発行を促進する。

 「次のステップはセカンダリーでの取引を提供することである。それから私たちは未公開株式と公開市場を再構築するために、資本調達を進めることができる」と20|30共同創設者のトーマス・ソフィンゾン氏はファイナンシャル・タイムズに述べた。

 FCAの規制であるサンドボックスは、ビジネスがFCAの一時的な承認を得て市場で、「革新的な製品、サービス、ビジネスモデル、および配信メカニズム」をテストできるように16年6月に開始された。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/uk-watchdog-welcomes-first-crypto-startups-to-regulatory-sandbox/

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
ビットコインキャッシュ詳細ページ
イーサ詳細ページ
ICOレーティングについて