英食品基準庁、食肉検査のためBC利用

36370816_s.jpg

 英国で食品の安全性を監視するFSA(英食品基準庁)はBC(ブロックチェーン)を利用したサプライチェーン監視システムのパイロットプロジェクトが成功したことを月曜日に発表した。

 プレスリリースによれば、このパイロットプロジェクトは匿名の牛の食肉処理場で製造された肉を追跡し、サプライチェーン全体を通して「より高い透明性」をもたらしたという。今回のプログラムでは食肉処理場とFSAの両方から提供されたデータを追跡した。

 FSAの情報管理部門トップのシアン・トーマス氏は声明の中で、FSAは「BC技術は食品産業の一部に実質的な価値を加えるかもしれない」と考えていると述べた。

 トーマス氏は食肉処理場が特別に選ばれた理由について、そこでの「業務が多くの検査と結果照合を必要とするから」だと語った。

 彼は以下のように続けた。

 「私たちのアプローチの仕方は理論を現実にするための標準を産業と一緒に開発するというもの。そして今回、BCが食品産業のこの領域で実際に役に立つことを示すことができ、大変喜んでいる。現在、このアプローチ方法を拡大、発展させるために産業と政府がお互いに協力していく絶好の機会が存在していると考えている」

 今回のパイロットプロジェクトに続いて、農家に家畜データへのアクセスを与える追加のプロジェクトが7月に行われる。

 今回規制当局がフード・サプライチェーンを監視するために初めてBCを利用したかもしれないが、様々な小売企業がすでにBCの利用領域を実験している。ウォルマート、JDドット・コム、アリババ、カーギル、CBHグループといった企業は食品を追跡するためにBCを利用しているが、これらはそのような企業のうちのいくつかの例に過ぎない。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/uk-food-watchdog-trials-blockchain-meat-inspection/

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
ビットコインキャッシュ詳細ページ
イーサ詳細ページ
ICOレーティングについて