コインベースのCEO、銀行口座無い人へ慈善事業

26592602_l.jpg

 コインベースのCEO(最高経営責任者)ブライアン・アームストロング氏は、世界中の銀行口座を持たない個人が金融サービスへアクセス出来るよう手助けしたいと考えている。

 水曜日に、コインベースの共同設立者は、銀行口座を持たない世界中の人々に仮想通貨を寄付するために、非営利団体を立ち上げたと発表した。 GiveCrypto.orgは、他の非営利団体とパートナーシップを結び、社会に利益をもたらすことができる潜在的な受取人を見つけることを目指している。

 リリース時に、「私が尊敬している仮想通貨エコシステムで活動するほとんどの人は、この技術を最大限に活用できる方法で、この技術を守る道義的責任があると信じている」とアームストロング氏は書いている。 同氏は、ブロックチェーン技術の利点の一部として、手数料の引き下げ、取引時間の短縮、小額支払い、モバイルデバイスに優しい支払いシステムを挙げている。

 アームストロング氏は、
「仮想通貨の初期段階に投資した人の多くは、金融システムの効率化、手数料の削減、取引時間の短縮が可能であると理解していた。 初期に関わった人々は、もしインターネットが独自の通貨を持てば世界的イノベーションが起こる可能性を見た。私が当時会ったそのコミュニティの人々は、仮想通貨が、銀行口座を持たない個人が銀行口座を持つこと、つまり金融システムからロックアウトされ、結果として貧困に巻き込まれた何十億という人々を救済する可能性があることを信じていた」。

 同非営利団体は、18年末までに1000万ドルを調達し、2年以内に資金調達額を10億ドルに増やすことを目標としている、と彼は述べた。 彼は組織の存続を確保しながら、「資金の増加よりも少ない額を寄付していく」計画を立てている。

 アームストロング氏によれば、最初の受取人は「アジア、中南米、東欧、南アフリカなど金融危機を迎えている新興市場」に住む人々だ。


(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/coinbase-ceo-unveils-crypto-charity-for-the-unbanked/

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
ビットコインキャッシュ詳細ページ
イーサ詳細ページ
ICOレーティングについて