<今日の仮想通貨市況>米中貿易戦争への懸念後退で売り優勢に

43658696_m.jpg
 主要仮想通貨は27日午前9時30分現在、ビットコイン(BTC)が1BTC=66万7045円(過去24時間比2.90%安)、イーサリアム(ETH)が1ETH=4万7341円(同6.24%安)、リップル(XRP)が1XRP=50円(同5.69%安)と軒並み値を下げ、全面安商状となっている。

 26日、ハセット米大統領経済諮問委員会(CEA)委員長、ライアン米下院議長ら米要人の相次ぐ発言を受け米中貿易戦争への懸念が後退。米国株が反発し、米金利先高感が意識される中、金利の付かない金や仮想通貨は売り優勢となった。

 米SNS大手・フェイスブックが26日、仮想通貨関連広告を禁止する方針を一部緩和すると発表した。広告の依頼主はフェイスブックの独自審査に合格する必要があるという。また、ICO(イニシャル・コイン・オファリング)や外国為替証拠金取引で相場を予測するバイナリーオプションの広告は引き続き受け付けない方針だ。

(イメージ写真提供:123RF)

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
ビットコインキャッシュ詳細ページ
イーサ詳細ページ
ICOレーティングについて