フェイスブック、仮想通貨関連広告の禁止を緩和

50473174_l_facebook.jpg

 フェイスブックが仮想通貨関連広告の禁止という同社のポリシーを緩和する。

 火曜日に投稿されたブログ記事によると、フェイスブックは「仮想通貨商品・サービスリクエスト」フォームを立ち上げ、いくつかの企業がフェイスブック上で広告を搭載することを可能にする。

 しかし、フェイスブックはICO(イニシャル・コイン・ オファリング)とバイナリーオプションに関する広告は許可しない。これらの広告禁止は、ツイッター、グーグル、その他主要サイトも続いたフェイスブックの仮想通貨関連広告対策としての最初の行動から数カ月経った現在も引き続き適用される。

 前出のリクエストフォームを見ると、フェイスブックは広告を搭載したがっている企業がどのような種類のサービスを提供しているのかについて詳細を求めていることが分かる。例えば、フェイスブックは企業が自社のサービスに関連するライセンスを有しているか、また、上場企業であるかどうかを尋ねる。加えて、フェイスブックは仮想通貨関連広告に対する同社のポリシーの概要を説明する法的資料も公開している。

 注目すべきこととして、フェイスブックはさらなる変更が将来あるかもしれないと示唆している。

 そのブログ記事の中でフェイスブックのプロダクトマネジメント担当のロブ・レザン氏は以下のように述べた。

 「これらの制限を考えれば、誰でも広告を搭載できるわけではありません。しかし、もし必要であれば徐々にポリシーを改正できるよう、私たちはフィードバックを受け、このポリシーがどれくらい上手く機能するかを確認し、仮想通貨というテクノロジーについて勉強し続けます」

 今回のフェイスブックの動きは早くも仮想通貨業界のPR(パブリックリレーションズ)方面から称賛を受けている。

 仮想通貨PR企業であるディトーPRの創業者トレイ・ディトー氏は今回のフェイスブックの動きを「信頼性のあるBC(ブロックチェーン)プロジェクト、仮想通貨企業、ICOが潜在的な新たな顧客と投資家の目の前に出ることを可能にする最初の一歩」と述べた。

 「この動きはフェイスブックの広告収入を大きく増加させるだろう。多くのプロジェクトは有料広告に興味があり、そのための資金も有している」とディトー氏は付け加えた。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/facebook-relaxes-ban-accepts-crypto-ads/

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
ビットコインキャッシュ詳細ページ
イーサ詳細ページ
ICOレーティングについて