デジタル証明、「uPort」が監視

81126977_ml.jpg

 例えばブロックチェーンの起業家を誰でも3人あげるとしよう。少なくてもこの中の誰か一人はインターネットユーザーが彼ら個人の情報を持てるようにシステムを改良している。

 最近、ヤフー、エキファックス、フェイスブックで起こっている、個人情報の流失の問題は使用者すべての情報がスマートフォンなどを通してアルゴリズムシステムなどで盗まれる可能性を物語っているが、個人は自分の情報の流失を防ぐこともできないし、これらの会社から賠償金をもらえるわけでもない。

 しかし、最近のブロックチェーン熱で情報業界全体が情報管理改革の方向に舵を切っている。非中央集権化ブームがユーザーに彼らの情報を個人で管理できるチャンスを与えている。

 暗号技術、例えば「公開鍵」と「秘密鍵」などは個人情報を管理できる技術だ。「yelp」のブックマーク情報を仮想通貨などと交換することに似ているが、「uPort(イーサリアムを利用したデジタルIDサービス)」が基盤のプロトコルはさらに大きな利益が期待できる。

 uPortは「データをどのように受け取ることができるか?」と尋ねるのではなく、「これからのデジタル時代の個人情報は第三者の管理は不要」といえる機能を目指している。

 uPortの共同設立者であるレイブン・ヘック氏は、このような問題は簡単ではないと言う。インターネットはそもそもアイデンティティ層が埋め込まれていないために単純にアップの層を微調整するようなことでは意味がないという。

 つまりインターネットそのものをさらに細かいレベルにまで戻り改良する必要がある、uPortはその改良を行うシステムだ。

「現在の最新の技術で個人の会社の情報を持ったり管理したりすることなく、インターネット全体の層を作ることが可能だと考えているし、それが我々の目的だ」

 このuPortの大きな野望だがイーサリアムのスタートアップの最も古いプロジェクトで最も刺激的なプロジェクト一つで、不安定でバラバラになった個人情報を合理化する方法である。

インターネットの証明
 uPortのシステムの注目するに値する点として、そのシステムがシステムのユーザーに焦点を置いてないということだ。ダニーゼッカ―マン氏(uPortのヘッドストラテジスト)によればこのプロジェクトはイーサリアム開発者達からの持ち上がった企画だという、つまりイーサリアムの根本的な計画の一つだ。

 この企画の背景にはシステムの開発者がブロックチェーン内のユーザー個人の特定の情報を保存できるようにすることにある。「複数のラインコードをユーザーのアプリに集約するということだ」とヘック氏は言う。

 しかし、uPortがアップの非中央集権化の内部的構造から安全だというのは、また違った問題だ。「ユーザーに情報を交換する方法には様々方法がある、インターネットの層次第だ」とザッカーマン氏は言う。

 インターネットのアイデンティティ層が何かということを説明するためには、まずトップダウンメカニズムを理解する必要がある。これはアナログの世界で政府が個人認証と定義するものだ。その個人情報はそれほど多くない、パスポート、NIN、ソーシャルセキュリティナンバー、免許証などが入る。その定義は司法で異なるが、多くの人が1つや2つは持っているものだ。

 しかし、ウェブの議論は異なる。インターネットのシステムはユーザーネームとパスワードが必要で、アカウントにログインできる状態なら証明することが可能だ。ただ、一個人が2つ以上のIDを作ることができるために証明書が爆発的に増えてコントロールが効かくなる。

 たくさんのブロックチェーン熱狂者はすでに複数のIDを持っており、これが情報管理の大きな問題点となっている。

 uPortはこれとは違う。一個人の情報をブロックチェーン上で留めておき一個人がデータの共有を許可すると暗号プロトコルが認証し、その個人情報を認識する。つまり第三者による情報管理の必要がない。ちまたで言われる個人主権の証明と言われるものだ。

クラウドスペース
 uPortプロジェクトだけがブロックチェーン技術を使った個人主権の証明システムの開発ではない、他にもソベリンファンデェーションなどがuPortの競争相手だ。uPortプロジェクトはインディ(他のプロジェクト)に比べて出遅れている。インディはすでにID認証システムを17年に開始している。uPortはパブリックの許可が必要ないシステムだが、インディはパブリックの許可が必要なシステムになる。またインディはICO(イニシャルコインオファリング)を計画している

 シビックが18年の後半にRSKでアイデンティティプラットフォームを公開する計画だ。このシステムは2層のビットコインのスマートコントラクトで最近、30億ドルの資金をICOで調達した。

 その間にも、イーサリアムネットワークの開発者はトークン認証システムである「ERC-725」を業界のスタンダートにするように努力している。またこのシステムの開発者の代表と言えばファビアンボジェルステェラー氏でこの人物は「ERC-20」の開発者でもある。

 最後に紹介するのは世界中の合併企業と仕事をしているDigital Bazaarだ。すでに実験で「testnet」を開始しており、これを「Verse」と呼ぶ。このシステムはパブリックの許可が必要ないシステムで、トークンも不足している。このシステムはブロックチェーンをでは独立したシステムだ。

 上記のようなシステムを使うリスクと言えば、ブロックチェーンベースで新しいシステムを新しく作ることだ。破片や汚れなどが多いが、このようなプロジェクトはそのようなリスクが残ることを理解している。そのために他のスンダ―ドでも互いにオペレーションが可能なシステムの開発も視野に入れている。またこのようなシステムの開発にはマイクロソフトやアクセンチャートといったビックネームも入り、共通のシステムにするように開発が進められている。

 ヘック氏は相互運用性が重要な意味を持つということなると言う。例えばウィチャットやフェイスブックなどはまだこの相互運用性で十分ではないと言う。

「例えばイーメルが本当の意味で世界共通で誰がどこにいてもメールを送れる、つまり相互運用性が高いし、共存が可能と言える一人でいようとすることはビジネス上、あまり得策ではない。つまり現代では世界標準に乗ることが成功につながる」とヘック氏は言う。

勢いとバリケード
 上記のようなシステムが近年、急激に発展しているがその中でも、uPortは様々なパートナーやクライアントがConsenSysを通して名乗りを上げている。その中でもViantは現在、uPortと事業に参加しており、他にもOpenLawMeridioなども参加する予定だ。

 Viantの共同設立者である、ティラァームルビルゥ氏はイーサリアムが基盤であるスプライチェーンプラットフォームを使う予定だと、コインデスクに語る。uPortを使うと選択は特に悩む必要なかった。それはuPortがConsenSysと関連しているというだけではなく,個人主権の証明と言う技術でも信頼できるからだ。

 Gnosisも過去にuPortをつかったことがあり、その際にはシングルユーザーがたった一度しかオリンピアトーナメントにエントリーができない特性を利用した。

 ConsesSysの外側でスイスにあるMelonportがuPortを情報の透明性とマネーロンダリング回避の目的で使っている。しかし、uPortで注目値することと言えば政府系機関をクライアントに持っていることだパイロットプログラム(短期のトライアルシステム)に登録する際にイーサリアム系のIDを使い登録するのだがすでに200登録を超えている。この結果、スイスの地方政府は選挙にこのシステムを使うことを2018年の6月に発表した。

 他にもuPortとマイクロソフト連合はブラジル政府の省で公認の書類を提出する際にuPortシステムを17年の6月から使い始めた。「他にも続く政府系機関があるだろう。現在、我々は他の政府系機関に打診しているがこのことは公にできない。uPortの未来は明るい」とヘックシ氏は言う。

 イーサリアムのエコシステムもuPortを使うことによって。より早くさらにコストが安くなる可能性があるが、現在の状況ではハードルが高い。

 またuPortが個人の情報認証に焦点を置いているがこれは個人情報をどのようにしてブロックチェーン上でイーサリアムのシステムの用に守るかということでもある。

 ブロックチェーンで言う透明性は明らかに一つの特徴であるが、これが個人レベルの情報で語られる場合にはシステムの責任になる。最後だが.ユーザーが個人のカギをなくすとどうなるかということだが、uPortを使った場合にはこのシステムがユーザーの知り合いで保証人になっている人などにコンタクトをとり、認証できるかどうか確認する作業をすることになり、認証が成功した場合には新しいカギを発行する。このようなシステムはイーサリアムで知られているが、我々は現在このシステムをアグスティックのブロックチェーンで使用できるように時間を割いている時だ。

 このような複雑なシステムだがuPortを使えば何も問題なく使える。これはたのプラットフォームの開発者にuPortの優位性を説明するのには十分だ。

「このシステムは必ず成功するよ」とヘック氏は結論づけた。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/scramble-fix-digital-identity-uport-project-watch/

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
ビットコインキャッシュ詳細ページ
イーサ詳細ページ
ICOレーティングについて