タイSEC、月内に5つのICO承認へ

100419582_s.jpg

 タイの証券規制当局が6月後半に5つのICO(イニシャル・コイン・ オファリング)を認可することを検討していると報じられた。

 水曜日のバンコクポストの報道によれば、現在、タイ国内の50個のICOが規制当局の認可を待っているが、そのうち5つのICOは認可が下りる予定であるとタイSEC(証券取引委員会)が述べた。

 しかし、実際のトークンセールは5月に承認された仮想通貨に関する勅令が正式に成立する6月後半まで待たなくてはならない。

 これら5つのICOプロジェクトが規制当局の認可を得ることができそうな理由は明らかではないが、タイSECのコーポレート・ファイナンス部門のトップであるKiatkawankul氏によれば、規制当局の認可を得る候補となるためにはICOプロジェクトが商業的な価値を有し、また審査を通過する必要があるようだ。

 認可が実際に下りれば、タイは規制のある環境でICOが法的に行われることを認める最初の国になる。バミューダ諸島とロシアを含む他の国々も法的に許可されたICOを認めるための枠組みの導入に向けて動いている。

 そのバンコクポストの報道によれば、前述の仮想通貨に関する勅令は、仮想通貨に関する公聴会と議会での議論を伴う何か月にも渡るプロセスを終えた後、5月15日に発表された。

 ICOプロジェクトに対してトークンセールを開始する前に金融規制当局に登録し認可を得ることを要求することに加え、法令では各ICOプロジェクトにおける個人投資家からの出資に対し、30万バーツ(約9千ドル)のハードキャップを設定している。

 さらに、報道によれば、仮想通貨取引に関わっている仮想通貨交換所、ブローカー、ディーラーなどのその他の産業もその法令の導入後90日以内にタイSECに登録することが要求されている。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/thailand-expects-to-approve-5-icos-within-this-month/

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
ビットコインキャッシュ詳細ページ
イーサ詳細ページ
ICOレーティングについて