スティーブ・バノン氏、ICOへの参入を検討

97708912_s.jpg

 元トランプ政権で首席戦略官だったスティーブ・バノン氏は、米国の政治を混乱させるだけでは飽き足りず、今度は仮想通貨産業への参入によって金融システムを混乱させようとしている。

 木曜日に公開されたブルームバーグの記事によれば、ブライトバート・ニュースの元会長でもあるバノン氏は投資家、ヘッジファンドと話し合いを行っており、そこでは彼の投資会社であるバノン・アンド・カンパニーに関連するICO(イニシャル・コイン・オファリング)が議論されているようだ。

 しかし、自らの議論を呼ぶ評判がこれからのプロジェクトを台無しにしてしまうことを恐れてバノン氏はいかなる計画についても詳細を語ろうとはしなかった。

 注目すべきことに元政界の大物である投資家バノン氏は、ビットコインは「自分にとってとても重要だ」と明かし、その後、仮想通貨が権力を持つ人々、組織に挑戦する方法は「破壊的なポピュリズム」だという彼の考えを繰り返した。

 バノン氏は以下のように述べる。

 「仮想通貨は中央の権力者から主導権を取り返す。それは革命的だ」

 バノン氏の仮想通貨への関心は少なくとも16年までに遡るが、彼の仮想通貨技術への強い愛着が広く知られるようになったのは彼が17年の8月にホワイトハウスを去ってからで、17年の自身の講演で仮想通貨とBC(ブロックチェーン)技術は「真の自由」をもたらすと語った後からだ。

 記事によれば、バノン氏は他の人々が仮想通貨を作ることに協力したいと以前から述べており、また、バノン氏自身の仮想通貨を作る可能性すら宣伝している。そのバノン氏の仮想通貨は「ディプローラブルズ・コイン」と呼ばれる予定で、ヒラリー・クリントン氏がかつてバノン氏の支持者たちを形容するのに使用した「ディプローラブルズ(嘆かわしい)」という用語を用いている。

 仮想通貨業界の著名な人物についてはバノン氏は、「彼らは先見の明がある」と述べた。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/steve-bannon-may-be-eyeing-a-move-into-the-ico-space/

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
ビットコインキャッシュ詳細ページ
イーサ詳細ページ
ICOレーティングについて