<今日の仮想通貨市況>イーサクラシックは逆行高

82112887_s.jpg
 13日午前9時46分現在の仮想通貨は軟調。ビットコイン(BTC)が1BTC=73万円前後(過去24時間比3.9%安)、イーサリアム(ETH)が1ETH=5万5000円前後(同5.9%安)、リップル(XRP)が1XRP=62円前後(同5.7%安)などとなっている。

 ただ、イーサリアムクラシック(ETC)は1ETC=1650円前後(同11.6%高)と急伸した。米仮想通貨取引所のコインベースが12日に取り扱いを開始すると発表したことが好感されたようだ。ETCは16年7月にETHからハードフォークした仮想通貨。なお、SBIバーチャル・カレンシーズがビットコインキャッシュ(BCH)の取り扱いを開始すると発表したが、BCHは軟調に推移している。

 全体としては、FOMC(米連邦公開市場委員会)など重要イベントを前に買い手控えムードが広がる中、週初から韓国仮想通貨取引所のハッキング被害など仮想通貨に関連した悪材料が相次いでおり、買い上がるきっかけをつかめないままほぼ全面安の様相。

 11日には米アップルが「iPhone」で仮想通貨の「マイニング」を禁止すると発表。12日には金融活動作業部会(FATF)が仮想通貨交換の規制について、拘束力のない「ガイダンス」から加盟国の義務となる「スタンダード」への格上げを検討していると報じられ、規制強化の懸念が広がった。

(イメージ写真提供:123RF)

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
ビットコインキャッシュ詳細ページ
イーサ詳細ページ
ICOレーティングについて