<今日の仮想通貨市況>韓国の仮想通貨流出騒動が一服、買い優勢

30251219_s.jpg
 週明け10日から11日にかけて急落した主要仮想通貨は12日序盤に持ち直し、午前9時15分現在、ビットコイン(BTC)が1BTC=76万842円(過去24時間比2.21%高)、イーサリアム(ETH)が1ETH=5万8691円(同2.39%高)、リップル(XRP)が1XRP=66円(同4.31%安)などとなっている。

 日本時間10日昼ごろ、韓国の仮想通貨取引所「コインレイル」がサイバー攻撃を受け複数の仮想通貨が流出したことを発表。11日の仮想通貨相場は軟調な展開だったが、欧米時間になりイタリアのユーロ圏離脱観測の後退、米朝首脳会談を目前に控え米株式・債券市場が落ち着きを取り戻すと、主要仮想通貨は買い戻しの動きが強まった。

 この他、アップルが11日、4-8日の世界開発者会議(WWDC)開催中に発表したiOS搭載の端末(アイフォーンおよびアイパッド)で仮想通貨マイニングを禁止する新たなガイドラインを発表した。
(イメージ写真提供:123RF)

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
ビットコインキャッシュ詳細ページ
イーサ詳細ページ
ICOレーティングについて