SAP、サービスプラットフォームとしてのBC発表

65452858_s.jpg

 多国籍企業であるソフトウェア大手SAPは、BC(ブロックチェーン)アプリケーションの開発支援に特化したクラウドプラットフォームを立ち上げた。

 6日のSAPイベントで発表されたこのクラウドソリューションは、Hyperledger Fabric(Linux Foundationが提供するBCプラットフォームで、SAPが主に出資)のようなBCシステム上に、ビジネスアプリケーションを構築するフレームワークを企業に提供することを目的としている。

 SAPは65社と連携し、流通、製造、輸送、食品、医薬などのさまざまな業界でBCアプリケーションを運用した後、このプラットフォームの提供を正式に開始したと発表した。

 コインデスクが伝えたように、同社は5月初旬、米ソーセージメーカーであるジョンソヴィルやネイチャリープ・ファームズ、メイプル・リーフと連携、サプライチェーン全体の食品起源を追跡するパイロットプロジェクトを行う。

 SAPはこの共同イノベーションプログラムに加え、SAPグループ開発技術の利用資格を持つメンバーのBCコンソーシアムの結成を発表した。コンソーシアムに参加する大手企業としては、ヒューレット・パッカード・エンタープライズ、インテル、UPSが含まれている。

 この企業向けBCアプリケーション開発用プラットフォームの発表により、SAPは最新技術をもつ大手企業として特徴づけられた。この技術は、マイクロソフト、IBM、中国のバイドゥ、テンセントが開発した同様の技術に続くものとなった。


https://www.coindesk.com/software-giant-sap-launches-blockchain-as-a-service-platform/

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
ビットコインキャッシュ詳細ページ
イーサ詳細ページ
ICOレーティングについて