英国立公文書館がBCをテスト

93496582_s.jpg

 英国政府において公式に記録文書の保存を担当している英国立公文書館は記録文書共有のためのBC(ブロックチェーン)の利用について調査を始める。

 アークエンジェル(Archangel)と名付けられたこの研究プロジェクトはサリー大学が主導し、政府組織であるOpen Date Instituteなどとも連携している。このプロジェクトの主要な目的は公文書管理に関連する差し迫った問題にBCがどの程度貢献できるのかを探ることである。

 火曜日に公開されたブログ記事の中で英国立公文書館のデジタル保存サービス責任者であるアレックス・グリーン氏は以下のように述べた。

 「今ある記録文書がそれが公文書館の手に渡った20年前と同じものであるということをどのように証明できるか。どのようにして市民が公文書館をデジタル公文書の信頼できる管理者であると見続けるようにできるか。これらの問題に対処するために、記録文書が修正されたこと、そしてそのような場合、その修正が正当なもので、その記録文書が依然として本物として信頼できるのかということを如何にして知ることができるのかをアークエンジェルは調査する。」

 「特に、このプロジェクトにおいては、この目標を達成するためにBCをどのように利用できるのかを調査する」とグリーン氏はそのブログ記事の中で続けて述べた。

 最も規模が大きく、そして歴史のある公文書館の1つとして、英国立公文書館はこの分野における基準と最も優れた手腕を示すのに先導的な役割を果たしている。従って、今回のプロジェクトは、最終的に公文書を見る人々と関わる英国立公文書館を通して、「AMIs(the Archives and Memory Institutions)全体における個々の部門に垂直的な影響を与える」ことを目指している。

 アークエンジェルには18カ月という期限が提案されている。グリーン氏によれば、アークエンジェルは「デジタル化された紙の文書、もしくはデジタル文書に由来する頑丈なデジタル署名を集める」であろうDLT(分散台帳技術)サービスの原型を作る。

 今回の研究は英国の工学・物理科学研究会議によって出資されている。工学・物理科学研究会議は数学、材料科学、情報技術などの分野に8億ポンド以上の投資を毎年行っている。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/uk-governments-official-archive-testing-blockchain/

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
ビットコインキャッシュ詳細ページ
イーサ詳細ページ
ICOレーティングについて