<今日の仮想通貨市況>欧金融正常化観測から欧米金利高、一時売り優勢に

41343162_ml.jpg
 主要仮想通貨は6日に軟化し、7日午前9時20分現在では、ビットコイン(BTC)が1BTC=84万4821円(過去24時間比0.58%高)、イーサリアム(ETH)が1ETH=6万7077円(同0.01%安)、リップル(XRP)が1XRP=74円(同0.14%安)とまちまちな動きとなっている。

 6日は複数のECB(欧州中央銀行)関係者が金融政策の早期正常化を示唆し、独債券利回りが上昇した。米国時間では米株高も手伝い、米長期債利回りが5月下旬以来の3%台に迫る勢いで急伸。高金利が意識される中で金利の付かない主要仮想通貨は一時売りが強まったが、結局、米長期債利回りが3%に届かず、米市場引け後には主要仮想通貨を買い戻す動きがみられた。
(イメージ写真提供:123RF)

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
ビットコインキャッシュ詳細ページ
イーサ詳細ページ
ICOレーティングについて