アップル共同設立者がドーシー支持、ビットコインはウェブ通貨となる

55987651_s.jpg

 米アップルの共同設立者、スティーブ・ウォズニアック氏は、今投資家ではないが、ビットコインを信じている。

 スクエア(Square)とツイッターのCEOであるジャック・ドーシー氏が、ニューヨークで開催されたコインデスクの「Consensus2018」で、ビットコインがインターネットの「基軸通貨」になることを期待しているとコメントしたことについて意見を求められた時、ウォズニアック氏はそのビジョンがうまくいくことを願っていると答えた。

 CNBCによると、ウォズニアック氏は「ジャック・ドーシー氏に賛成だ。これは必ず起こるとは信じていないが、私はそうなってほしい、それはとても純粋な考えだ」と述べた。今週アムステルダムで開催されている「マネー20/20 カンファレンス」で、ウォズニアック氏はインタビューを受けた。

 彼は存在することができるコインの数を制限する仮想通貨の側面について積極的に語った。しかし、彼は投資家ではなく、むしろ仮想通貨を支持する技術者であることを強調した。

 アップルの共同設立者は、「ビットコインだけが純粋なデジタル・ゴールドだ。」と述べ、他の仮想通貨と比較してビットコインに対する支持を表明した。

 「多くの人は、ビットコインのいくつかの側面をあきらめる傾向がある」と彼は続けた。「例えば、完全に非集権化されており、中央からの管理が無いことだ。それはビジネスモデルを得るために諦める必要がある最初のものだ。」

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/apple-co-founder-backs-dorsey-bitcoin-become-webs-currency/

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
ビットコインキャッシュ詳細ページ
イーサ詳細ページ
ICOレーティングについて