仮想通貨交換所のフォビ、ブラジル進出認める

44860721_m.jpg

 中国で創業した大手仮想通貨交換所のフォビが、ブラジルで開業しようとしている。同社がコインデスクに語った。

 このニュースは29日に初めて伝えられた。ブラジルの仮想通貨関連ニュースサイトが、フォビの幹部が現地の業界イベントで名刺を配り、著名人と話していたと報じた。

 この報道ではさらに、フォビが同国の首都であるサンパウロのコワーキングスペースに事務所を開き、リンクトインで現地スタッフを雇用しようとしており、最高法令順守責任者(CCO)やデジタル市場マネージャーといった役職で求人を出しているとも示唆された。

 コインデスクが31日に行った問い合わせに対し、フォビグループの責任者は自社がブラジル市場に参入する意向を持っていると認めたが、ブラジルに支店を開く可能性に関する詳細は明らかにしなかった。

 この動きはフォビの世界進出計画への一歩となる。コインデスクが以前報じたように、17年秋の中国による仮想通貨取引禁止令後、同社は本部をシンガポールに移転するなどして事業の中心を海外に移している。

 また、フォビは3月に、仮想通貨間取引の取り扱いを開始する計画に先立って、米国事業部を同国の金融規制当局であるフィンセン(金融犯罪取締ネットワーク)にマネーサービス・ビジネスとして登録している。最近ではフォビの別の代表者がコインデスクに対し、自社がカナダ市場においても「初期段階」にあると語った。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/crypto-exchange-huobi-confirms-move-brazilian-market/

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
ビットコインキャッシュ詳細ページ
イーサ詳細ページ
ICOレーティングについて