再選訴え、ソウル市長がBC支援

89592965_s.jpg

 韓国のソウル市長が、6月の再選を訴え掛ける中、ブロックチェーン開発への支援を増やすと約束した。

 コインデスク・コリアの21日の報道によると、朴元淳市長は11年から市長の座についており3選を目指している。最近、同市の麻浦区をブロックチェーン支援の中心地にする手助けをすると公約した。

 同報道では、現在市政府はソウル市でのイノベーションを促すために、6つの新たな大型工業団地の建設を推進していると報じられた。

 5月20日に発表された朴氏のブロックチェーンに関する公約では、この工業団地の1つ、麻浦フィンテックラボをフィンテックとブロックチェーン開発の専用拠点とすることが約束された。これはソウル市が発展途上のブロックチェーン分野を支援するために行った最初の申し出だ。

 同報道によるとこの構想は、同市が利便性を高めるため、市政や政府補助金の管理を含めた様々な公共事業でブロックチェーン技術の採用を模索するつもりだという4月の市長の発言に引き続いだものだ。

 朴氏は4月初頭に行ったコインデスク・コリアとのインタビューで、「Sコイン」と呼ばれる市独自の仮想通貨の開発計画も明らかにしている。このSコインは市が出資する社会福祉プログラムで使われる予定だ。市長は当時、ブロックチェーン関連新興企業の成長を支援するための専用基金をソウル市が立ち上げるかもしれないとも示唆していた。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coindesk.com/seoul-mayor-proposes-blockchain-incubation-center-in-re-election-pitch/

This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
ビットコインキャッシュ詳細ページ
イーサ詳細ページ
ICOレーティングについて